コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畢沅 ひつげんBi Yuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畢沅
ひつげん
Bi Yuan

[生]擁正8(1730)
[没]嘉慶2(1797)
中国,清の学者。字はじょうこう,秋帆。号はえん山 (えんざん) ,霊厳山人。鎮洋 (江蘇省) の人。乾隆 25 (1760) 年の進士首席合格者 (状元) で,官は湖広総督にいたった。学問的には,清儒の経典解釈や説文を奉じた。古書の校勘にすぐれ,『伝経表』『経典弁正』など著書多数がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひつげん
(1730―1797)

中国、清(しん)朝中葉後期の学者、政治家。字(あざな)(じょうこう)、秋帆(しゅうはん)、号は霊巖(れいがん)山人。江蘇(こうそ)省鎮洋(ちんよう)県(太倉(たいそう))の人。若いとき経学を恵棟(けいとう)に、詩を沈徳潜(しんとくせん)に学ぶ。1760年(乾隆25)の進士。陝西按察使(せんせいあんさつし)、同巡撫(じゅんぶ)、河南巡撫、湖広総督などを歴任し、白蓮(びゃくれん)教徒の乱の鎮定にあたり、嘉慶(かけい)2年7月3日、辰州(湖南省)で卒(しゅっ)した。経学、小学、史学に通じ、任地の幕下に学者を招いて後進を育成したことで阮元(げんげん)と相似る。著に『伝経表』『釈名疏証(そしょう)』『続資治通鑑(しじつがん)』、各任地に応じての金石学の成果、関中・中州・山左の『金石志』、『夏小正』『山海経(せんがいきょう)』『墨子』『呂氏(りょし)春秋』などの校注があり、それらの著に恵棟の著『易漢学』などをあわせての精刻『経訓堂叢書(そうしょ)』がある。集は『霊巖山人詩集』。[近藤光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の畢沅の言及

【漢帝陵】より

…前漢の帝陵は文帝灞陵,宣帝社陵が西安の南方の丘陵にあるほか,他の9陵はすべて渭河北岸,咸陽の五陵原(5陵が陵邑をもつ)上にある。帝陵の比定は従来畢沅(1730‐97)の説によっていたが,近年実地調査と古文献との校定により,西から武帝茂陵,昭帝平陵,成帝延陵,平帝康陵,元帝渭陵,哀帝義陵,恵帝安陵,高祖長陵,景帝陽陵の順に改められた。漢の陵制は秦のそれを受け継ぎ,截頭方錐形の巨大な封土をもつ。…

※「畢沅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

畢沅の関連キーワード西安碑林漢帝陵嘉慶