コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈徳潜 しんとくせん Shen De-qian

7件 の用語解説(沈徳潜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈徳潜
しんとくせん
Shen De-qian

[生]康煕12(1673)
[没]乾隆34(1769)
中国,清の文学者。江蘇省長州 (呉県) の人。字,確士。号,帰愚。早くから詩名は高かったが科挙には失敗し続け,乾隆4 (1739) 年 67歳でやっと進士に及第。その後は乾隆帝の寵を受け,礼部侍郎にまで進んで同 12年高齢のため郷里に帰り,余生を詩作と著述におくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しん‐とくせん【沈徳潜】

[1673~1769]中国、清代の詩人。長州(江蘇省)の人。字(あざな)は確士。号、帰愚。格調説を主張して、盛唐の詩を重んじた。著に「沈帰愚詩文全集」、編著に「古詩源」「唐・明・国朝詩別裁集」「唐宋八家文読本」などがある。

ちん‐とくせん【沈徳潜】

しんとくせん(沈徳潜)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんとくせん【沈徳潜 Shěn Dé qián】

1673‐1769
中国,清代中期の詩人,批評家。字は確士,号は帰愚。江蘇省蘇州の出身。早くから江南の名士であったが進士及第は66歳と遅い。しかしその後は着々と昇進を重ね,とくに乾隆帝前半期の詩友として20年余にわたる知遇を得,宮廷詩人の側から詩壇をリードし,民間の側にあった〈性霊説〉の袁枚(えんばい)と対抗した。ときあたかも清朝成立より100年,漢族知識人の満州王朝にたいする態度も,なにがしかの躊躇から積極的な協力へと転じつつあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんとくせん【沈徳潜】

1673~1769) 中国、清代の文芸評論家。字あざなは確士、号は帰愚。格調説を唱え、漢・魏の古詩や盛唐の今体詩を尊び、「古詩源」「唐・明・清詩別裁集」「唐宋八家文読本」を編した。

ちんとくせん【沈徳潜】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈徳潜
しんとくせん
(1673―1769)

中国、清(しん)代中期の詩人。字(あざな)は確士、号は帰愚(きぐ)。江蘇(こうそ)省蘇州長洲の出身。1739年(乾隆4)67歳で初めて進士に合格し、以後は帝の側近として順調に出世し、官は礼部侍郎に至り、97歳の天寿を全うした。幼少のころから唐詩を好み、とくに盛唐を尊重したが、歴代の詩に対しても温和公平の態度で臨んだ。詩の批評家・作者として著名であり、格調説を唱えて、性霊(せいれい)説の袁枚(えんばい)に対抗した。鈴木虎雄(とらお)はこれに温和的格調派の名称を与えている。思想的には厳格に儒教倫理を信奉し、明(みん)末の王次回のような艶体(えんたい)は退けている。また宋元(そうげん)の詩には厳しく、「宋詩は腐(ふ)に近く、元詩は繊(せん)に近し」と批判する。これらの文学的、思想的立場は、乾隆(けんりゅう)帝の信任を得るのに力があったと思われる。『古詩源』『唐・明・国朝詩別裁集』『沈帰愚詩文全集』のほか、『唐宋八家文読本』30巻があり、唐宋八大家の名文を精選したもので、日本でも流行した。[佐藤一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の沈徳潜の言及

【古詩源】より

…清の沈徳潜(しんとくせん)が《唐詩別裁集》にひきつづき,1719年(康熙58)に編集した先秦から隋までの詩の総集。14巻。…

【沈銓】より

…浙江省の湖州の出身,あるいは徳清の人とも伝えられる。乾隆帝の側近として礼部侍郎に昇った沈徳潜の一族である。職業画工とみなされるが,経歴はわからない。…

【唐宋八家文】より

…中国,唐宋の古文の名文集の書名。普通は清の乾隆期の詩文作家,沈徳潜(しんとくせん)の編集した《唐宋八家文読本》を指す。正しくは《唐宋八大家文読本》といい,全30巻から成る。…

※「沈徳潜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沈徳潜の関連キーワード岡汝粛アーノルド陳文述兪平伯厲鶚批評家評家TSエリオット世界の岸辺で弓と竪琴

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone