校勘(読み)コウカン

デジタル大辞泉の解説

こう‐かん〔カウ‐〕【校勘】

[名](スル)古典などの複数の写本や刊本を比較検討して、本文の異同を明らかにしたり正したりすること。「諸本を校勘して定本を作る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうかん【校勘】

( 名 ) スル
古典の刊本や写本の校異を調査して、誤りを正したり、異同を明らかにすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐かん カウ‥【校勘】

〘名〙
① 比較してかんがえること。
※続日本紀‐霊亀元年(715)五月甲午「毎年貢様、巡察使出日、細為校勘焉」
② 本文の異同を比較研究すること。校合(きょうごう)
※参天台五台山記(1072‐73)五「見校勘印本後序写取了」 〔白居易‐策林二・三一・大官乏人〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android