番方・役方(読み)ばんかたやくかた

世界大百科事典 第2版「番方・役方」の解説

ばんかたやくかた【番方・役方】

江戸時代の幕府・諸藩の職制上の区分武官系統を番方,文官の系統を役方という。番方は常備軍として殿中・城門の守衛,城番,主君出行時の供奉などを職務とした。幕府には大番組,書院番組,小性組番,新番組,小十人組,徒士(かち)組,百人組,先手(さきて)組などがあった。その組織は番頭(ばんがしら)―組頭―番士,あるいは頭―与力同心というもので,それぞれ数組ずつあった。これに対し,役方は吏僚として政務,事務あるいは典礼遂行などを職務とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android