コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異国張り イコクバリ

デジタル大辞泉の解説

いこく‐ばり【異国張り】

安政のころ、長崎から広まった洗い張りの方法。西洋の洗濯法を取り入れたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の異国張りの言及

【洗濯】より

…当時のヨーロッパの仕上げ方法が伝わっていると考えられるので,当然アイロンが使用されていただろう。火熨斗(ひのし)やアイロン(異国ごて)を使って外国式仕上げをすることを〈異国張り〉といった。また幕末の佐久間象山は《女訓》の中で〈夫の衣類をば心に入れて,度々見及び垢つきたるをば濯ぎ清め,損ねたるをば取り繕い,いささか粗末なきようにあるべし〉と妻の務めを説いている。…

※「異国張り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

異国張りの関連キーワード安政

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android