コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異学 イガク

デジタル大辞泉の解説

い‐がく【異学】

自流と相いれない学派。
江戸時代、幕府が正学と認めた林家の講じた朱子学に対して、それ以外の儒学のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いがく【異学】

正統でない学問。特に江戸時代、朱子学(正学)以外の儒学。すなわち陽明学派・堀川学派・蘐園けんえん学派・折衷学派などを、朱子学派から呼んだ称。 「 -の徒」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

異学の関連キーワード林述斎(はやしじゅつさい)冢田大峯・冢田大峰寛政の三博士寛政異学の禁寛政の改革寛政改革異学の禁古賀精里西山拙斎赤松滄洲三野謙谷杉山熊台花月草紙市河寛斎江上苓洲冢田大峯柴野栗山尾藤二洲塚田大峰江戸時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異学の関連情報