コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異常蛋白血症 いじょうたんぱくけっしょう dysproteinemia

1件 の用語解説(異常蛋白血症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異常蛋白血症
いじょうたんぱくけっしょう
dysproteinemia

血液中に含まれる血漿蛋白の組成が乱れ,各分画の比率が異常になった状態をいう。血漿蛋白のなかで異常をきたすおもなものは,アルブミン免疫グロブリンフィブリノーゲンで,普通はアルブミンが減りグロブリンが増加する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異常蛋白血症の関連キーワード結滞血糖ケファリン心が乱れる血液中尿素窒素血液ガスシトステロール血症蛋白価血色素量(ヘモグロビン(Hb))血小板(PLT、血小板数)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone