コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疲労回復のために元気になる食品の組み合わせ ひろうかいふくのためにげんきになるしょくひんのくみあわせ

1件 の用語解説(疲労回復のために元気になる食品の組み合わせの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

ひろうかいふくのためにげんきになるしょくひんのくみあわせ【疲労回復のために元気になる食品の組み合わせ】

栄養は効率よくとって元気回復のスピードアップさせたいところ。相性のよい組み合わせを考えて摂取しましょう。
マグネシウムカルシウム
カルシウム2:マグネシウム1の割合でいっしょにとると循環器系パワーアップアーモンド入りの牛乳寒天などはいかが。
ビタミンB1と糖質
ビタミンB1が糖質をエネルギーにかえてくれます。甘いものをとりすぎたと思ったら、豚肉の赤身で冷製しゃぶしゃぶを。
カリウムナトリウム
両者とも血圧を調節する働きがあります。適度な血圧を維持するためにも、バランスのよい摂取を。サツマイモ味噌汁などで。
アスパラギン酸グルタミン酸
いずれも脳の働きに作用するアミノ酸アスパラガスの炒めものにゴマをふりかけて栄養度をアップ。
カロテンとビタミンCとE
この三者は、消化の悪い食品を食べたときには積極的にとりたい栄養素。1種類で3度おいしいカボチャホウレンソウは、煮ものや和えものなどでとりたい。
セレンとビタミンA
病原菌に対する抵抗力をつけるビタミンAの働きをうながすセレン。イワシを焼いたらニンジンのゴマ和えなどをつけ合わせて。

出典|小学館
食の医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone