コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病理検査 ビョウリケンサ

デジタル大辞泉の解説

びょうり‐けんさ〔ビヤウリ‐〕【病理検査】

疾病の診断を行うために、患者から採取した臓器・組織・細胞などを詳しく調べること。内視鏡や手術で取り出した臓器や組織を調べる病理組織検査、尿・喀痰(かくたん)に含まれる細胞や粘膜・病変部から採取した細胞を顕微鏡で観察する細胞診検査、死因の解明などを目的として行う病理解剖などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

病理検査の関連キーワードヒルシュスプルング病(先天性巨大結腸症/腸管無神経節症)慢性色素性紫斑/シャンバーグ病老人性疣贅(脂漏性角化症)白板症(ロイコプラキー)おとなのアトピー性皮膚炎エプーリス(歯肉腫)ケラトアカントーマ潰瘍性大腸炎放射線角化症生体組織検査日光角化症環状肉芽腫萎縮性鼻炎皮膚線維腫慢性肝炎脂肪腫筋腫喀痰

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

病理検査の関連情報