コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌の遺伝子療法 がんのいでんしりょうほう

1件 の用語解説(癌の遺伝子療法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌の遺伝子療法
がんのいでんしりょうほう

本来,遺伝病の治療を目指した遺伝子治療を癌に応用したもので,癌の原因遺伝子を直接治すのではなく,体内に投与する遺伝子を薬のように用いて癌を攻撃する。世界初の癌の遺伝子治療は 1991年 10月,アメリカ国立癌研究所の S.ローゼンバーグらによって悪性黒色腫の患者に対して実施された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

癌の遺伝子療法の関連キーワード遺伝子説遺伝子治療保因モザイク遺伝子遺伝子疾患TALEN融合遺伝子治療食がんと遺伝子治療遺伝病の種類

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

癌の遺伝子療法の関連情報