癌の遺伝子療法(読み)がんのいでんしりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本来,遺伝病の治療を目指した遺伝子治療をに応用したもので,癌の原因遺伝子を直接治すのではなく,体内に投与する遺伝子を薬のように用いて癌を攻撃する。世界初の癌の遺伝子治療は 1991年 10月,アメリカ国立癌研究所の S.ローゼンバーグらによって悪性黒色腫の患者に対して実施された。その方法は,癌患者の患部から取出した白血球を培養し,癌組織を破壊する腫瘍壊死因子 (TNF) の遺伝子を組込んで体内に戻す方法,あるいは同じ白血球に免疫を活性化する物質の遺伝子を組込んで攻撃の目標となる"目印"をつけ,体内に戻す方法 (腫瘍ワクチン法) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android