コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌告知 がんこくち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌告知
がんこくち

癌の患者病名を告げること。インフォームド・コンセント必要性が叫ばれているが,賛否両論がある。これまで日本では,本人には「知らせない」ことが主流であったが,欧米では患者の権利,宗教の違いなどから告知することが一般的である。近年,日本でも少しずつだが,癌を告知する方向になりつつある。もし,自分が癌になったら,という調査結果でも,「知らせてほしい」との回答が半数を占めている。その背景には癌の治癒 (ちゆ) 率が高まってきていることがあげられる。特に,早期胃癌子宮癌乳癌の手術などでは本人の承諾を得るために告知することが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

癌告知の関連キーワード健康心理学緩和ケア

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android