癌告知(読み)がんこくち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌告知
がんこくち

癌の患者病名を告げること。インフォームド・コンセント必要性が叫ばれているが,賛否両論がある。これまで日本では,本人には「知らせない」ことが主流であったが,欧米では患者の権利,宗教の違いなどから告知することが一般的である。近年,日本でも少しずつだが,癌を告知する方向になりつつある。もし,自分が癌になったら,という調査結果でも,「知らせてほしい」との回答が半数を占めている。その背景には癌の治癒 (ちゆ) 率が高まってきていることがあげられる。特に,早期胃癌子宮癌乳癌の手術などでは本人の承諾を得るために告知することが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android