コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物発光 せいぶつはっこうbioluminescence

翻訳|bioluminescence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生物発光
せいぶつはっこう
bioluminescence

生物のエネルギー利用の一形態としての,発光現象。酵素反応による化学発光であり,効率がよくて,熱として散逸する部分が少いので,冷光である。昆虫類のホタルプランクトンヤコウチュウは最も著しい発光動物である。そのほかヒカリウミエラ,ウミサボテンヒカリウミウシ,ホタルイカ,ウミホタル,ヒカリムカデ,ギボシムシ,ヒカリボヤ,ハダカイワシマツカサウオチョウチンアンコウなど動物界に広く発光現象をなすものが知られている。また菌類のうちに発光するものが 50種以上知られている。なかでもツキヨタケ子実体ナラタケの菌子束などは日本でもよく知られている。海の細菌類にも発光現象をなすものがあり,貯蔵中の食用魚や水産加工食品が冷暗な場所で発光することがあり,その原因となる発光細菌を容易に分離することができる。発光物質をルシフェリン,酵素をルシフェラーゼと総称するが,種によって異なる物質である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

生物発光【せいぶつはっこう】

生物体による発光現象。酸化発光の一種で,ルシフェリンと総称される発光物質が発光酵素であるルシフェラーゼの触媒作用によって酸素またはATPと結合する際に光子を放出して,光を生じる。
→関連項目ホタル(蛍)ルミネセンス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいぶつはっこう【生物発光 bioluminescence】

生物が自らまたは共生生物の働きによって発光すること。生物発光はほとんど熱を伴わないきわめて効率の高い光(効率97%)を生物が発することであり,現在の人工照明,人工的化学発光の効率をはるかに越える有機化合物の酸化反応によるエネルギー放射とみなされる。この発光はある光線が照射されている間だけ光るリン光や蛍光と区別され,熱に安定なルシフェリンluciferinと不安定なルシフェラーゼluciferaseと呼ばれる物質の反応(L‐L反応と呼ばれる)により生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいぶつはっこう【生物発光】

生物体における発光現象。化学エネルギーが光に変わることによって生ずる。発光細菌・発光菌類や夜光虫・ホタルなどに見られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生物発光
せいぶつはっこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

生物発光の関連キーワード光生物学(こうせいぶつがく)ホタルイカ(蛍烏賊)生物ルミネセンスヒカリキンメダイ化学エネルギー化学発光用色素バイオフォトンエネルギー代謝生物発光分析法セレンテラジン発光(生物)イクオリン機能性色素渡瀬庄三郎発光蛋白質生物発光法発光植物発光菌類矢崎芳夫発光器官

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生物発光の関連情報