(読み)ほたる

精選版 日本国語大辞典「蛍」の解説

ほたる【蛍】

[1] 〘名〙
ホタル科に属する甲虫の総称。体長六~一八ミリメートル。体は長舟形で柔らかい。夜光ることでよく知られているが、発光する種はわずかである。日本ではゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルなど約四〇種知られ、特に前二者は有名で、蛍狩りの対象とされ飼養もされる。この二種の幼虫は水生であるが、これは世界でも例外的で、ほとんどは林床にすみ、カタツムリ類を食べる。古来、文学作品などによく現われる。くさのむし。なつむし。ほたろ。ほうたろ。《季・夏》
※地蔵十輪経元慶七年点(883)一「蛍(ホタル)の暉を慧の日に戢(をさ)め」
② 埋火などの小さく消え残った火。ほたるび。
※雑俳・三国力こぶ(1819)「剛いテテ・蛍踏みけす火事の跡」
③ (夜になると現われるところから) 江戸時代、京都祇園のあたりで通行人の袖を引いた下級遊女。また、その茶屋。ほたる茶屋。
※咄本・当世はなしの本(1684‐88)六「もとよりほたるあつむるいろこのみにて」
[2] 「源氏物語」第二五帖の巻名。源氏三六歳の五月。源氏が蛍の光で玉鬘の姿を兵部卿宮に見せること、源氏の物語論、夕霧と雲井雁の恋などを配しながら、玉鬘にひかれていく源氏の心や、玉鬘をめぐる人々の動きなどを述べる。玉鬘十帖の第四。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蛍」の解説

ほたる【蛍】

甲虫目ホタル科の昆虫の総称。ゲンジボタルヘイケボタルヒメボタルなど。一般に体は楕円形で軟弱、全体に黒色で胸の部分が赤い。腹部に発光器をもち、暗い所では青白い光を放つことで知られるが、ほとんど光らない種も多い。幼虫は水生のものと陸生のものとがある。くさのむし。なつむし。 夏》狩衣の袖の裏這ふ―かな/蕪村
源氏物語第25巻の巻名。光源氏36歳。源氏の物語論、玉鬘(たまかずら)をめぐる人々の動きなどを描く。

けい【蛍〔螢〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ケイ(漢) [ほたる
〈ケイ〉昆虫の名。ホタル。「蛍火蛍光蛍雪蛍窓
〈ほたる(ぼたる)〉「蛍石蛍火源氏蛍

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「蛍」の解説

日本のポピュラー音楽シンガーソングライター俳優福山雅治。2010年発売。日本テレビ系で放送ドラマ「美丘(みおか) -君がいた日々-」の主題歌

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンドサザンオールスターズ。2013年発売。作詞作曲桑田佳祐。同年公開の映画「永遠の0」の主題歌に起用

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、レミオロメン。2007年発売。作詞・作曲:藤巻亮太。同年公開の映画「眉山」の主題歌。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報