発光動物(読み)はっこうどうぶつ(英語表記)luminous animal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発光動物
はっこうどうぶつ
luminous animal

生物発光の能力をもっている動物の総称。発光能力をもつ動物は系統とは関係なく,単細胞の原生生物から多細胞後生動物まで広い範囲にわたって見られる。原生生物ではヤコウチュウ,発光放散虫類,刺胞動物ではオキクラゲウミサボテン紐形動物のヒカリヒモムシ,軟体動物ホタルイカ甲殻類ウミホタル,昆虫のホタル類,棘皮動物の発光クモヒトデ,原索動物ヒカリボヤ,さらにハダカイワシチョウチンアンコウなどの魚類がよく知られている。発光は同種間の合図や餌動物の捕獲,捕食者への威嚇などの効果がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はっこうどうぶつ【発光動物】

光を発する動物の総称。自ら発光物質を作って発光するもの(ヤコウチュウ・オキクラゲ・カモメガイ・ホタル・ヒカリクモヒトデ・ハダカイワシなど)と、発光細菌の寄生や共生(マツカサウオ)によるものとがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android