コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発泡性酒類 はっぽうせいしゅるい

1件 の用語解説(発泡性酒類の意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

はっぽうせいしゅるい【発泡性酒類】


酒税法で酒類を分類する種類の一つで、「ビール」「発泡酒」の2品目、およびこれ以外の品目に該当するがアルコール分10度未満で発泡性を有する酒類がこれにあたる。アルコール分10度未満で発泡性を有する酒類には、一般に「第三のビール」「新ジャンル」といわれるビール風飲料があるほか、缶チューハイや梅酒のソーダ割りなどの多くがこれにあたり、これらは品目上は「リキュール」や「スピリッツ」、「その他の醸造酒」とされることが多い。

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発泡性酒類の関連情報