発行価格(読み)ハッコウカカク

株式公開用語辞典の解説

発行価格

企業が株式を発行する場合に、投資家が、株式の引受人に対して払い込む一株あたりの金額のこと。株式の引受人は発行価格で、募集や売出しを行い、投資家より資金を集める。募集の際の発行価格を公募価格、売出しの際の発行価格を売出し価格とも呼ぶ。株式の引受人は、株式を発行する会社に対しては、発行価額を支払い、引受を行う。 発行価格と発行価額との差額が引受人の手取金となる。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

はっこうかかく【発行価格】

株式・公社債を発行する際の価格。株式の場合は原則として額面以下は認められないが、公社債の場合は額面以下の割引発行もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発行価格の関連情報