コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発行価格 ハッコウカカク

デジタル大辞泉の解説

はっこう‐かかく〔ハツカウ‐〕【発行価格】

株式公社債を発行するときの価格。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

株式公開用語辞典の解説

発行価格

企業が株式を発行する場合に、投資家が、株式の引受人に対して払い込む一株あたりの金額のこと。株式の引受人は発行価格で、募集や売出しを行い、投資家より資金を集める。募集の際の発行価格を公募価格、売出しの際の発行価格を売出し価格とも呼ぶ。株式の引受人は、株式を発行する会社に対しては、発行価額を支払い、引受を行う。 発行価格と発行価額との差額が引受人の手取金となる。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はっこうかかく【発行価格】

株式・公社債を発行する際の価格。株式の場合は原則として額面以下は認められないが、公社債の場合は額面以下の割引発行もある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

発行価格の関連キーワードブックビルディング方式アンダーライターホットイシュー株式時価発行応募者利回り超人気銘柄割引発行公募増資起債市場目論見書時価発行定率公募中間発行割引債利回り打ち歩額面打歩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発行価格の関連情報