コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発見記念碑 はっけんきねんひ

1件 の用語解説(発見記念碑の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

はっけんきねんひ【発見記念碑】

ポルトガルの首都リスボンの市街西部、ベレン地区のテージョ川の川岸に建つ、ポルトガル大航海時代を記念したモニュメント。ポルトガルの大航海時代に重要な役割を果たしたエンリケ航海王子(1394~1460年)の500回忌を記念して、1960年に建設された。15世紀のポルトガルやスペインの探検家が用いた、3本のマストの小型帆船(キャラベル船)の船首をモチーフにしたコンクリート製の構造物で、船首にはエンリケ王子の彫像が、その後ろに、インド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama、1469頃~1524年)や、初の世界一周を成し遂げた艦隊を率いたマゼラン(Ferdinand Magellan、1480?~1521年)のほか、天文学者宣教師らの彫刻が続いている。ヴァスコ・ダ・ガマは1497年7月8日に、この場所からインドに向け船出した。このモニュメントの内部にはエレベーターが設置され、展望室に上ることができる。また、モニュメント前の広場には、世界地図と各地が発見された年号が刻まれた大理石モザイクがある。この世界地図には、日本の発見の年として、ポルトガル船が豊後(現在の大分県北部)に漂着した1541年が記されている。近くにベレンの塔がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone