コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白きょう病 はくきょうびょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白きょう病
はくきょうびょう

蚕の硬化病の一種。糸状菌 (かび) のなかの白きょう病菌の寄生によるもので,感染後,稚蚕は2,3日,壮蚕は3~7日,熟蚕は蛹になるまでにいずれも斃死する。死体は漸次硬化し,白色の菌糸が繁殖して白粉状の胞子におおわれるようになる。この胞子は飛散して第2次発病の病源となる。早期診断としては,蚕の皮膚に油のしみたような輪郭不鮮明の病斑が現れる特徴から識別できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の白きょう病の言及

【硬化病】より

…分生子はそれぞれの病原菌特有の色を呈するので,死体は白・黄・緑・赤・黒色などの粉でおおわれた状態になる。それぞれの色によって白きょう病,黄きょう病,緑きょう病,赤きょう病,黒きょう病などと呼ばれている。〈きょう〉は〈殭〉の字を当て,死んでも腐らないとの意味である。…

※「白きょう病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白きょう病の関連キーワードイエバエを殺すカビ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android