コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白タイ族 しろタイぞくWhite Thai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白タイ族
しろタイぞく
White Thai

タイ諸族の一民族。中国雲南省よりベトナムラオスのトンキン高地にかけて居住。普通白色系統の服装を着用するところからこの名称が出たといわれる。杭上家屋に居住し,稲,とうもろこしなどの栽培を主要な生業とするが,一部では漁業にも従事する。外婚制父系氏族組織をもち,首長の権力は強い。政治・社会組織,習慣などの文化面で黒タイ族との共通点が多いが,白タイ族は非仏教徒である点でタイ族本来の伝統文化をより色濃く残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の白タイ族の言及

【タイ族】より

…紅がかった服装を除くと,黒タイ族に似た習俗が多く観察される。(c)白タイ族 ベトナム北部のソンコイ川,ソンダー川の両岸に沿って,またラオスではサムヌア地方からルアンプラバン地方にかけて分布している。白タイという名称は彼らの服装からくるといわれる。…

※「白タイ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android