コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井小助 しらい こすけ

2件 の用語解説(白井小助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井小助 しらい-こすけ

1826-1902 幕末の武士。
文政9年7月24日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。佐久間象山,安積艮斎(あさか-ごんさい)らにまなぶ。品川のイギリス公使館焼き討ち,下関の外国船砲撃などに参加。のち第二奇兵隊の参謀となり,各地を転戦した。明治35年6月18日死去。77歳。名は素行。号は飯山,樗亭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

白井小助

没年:明治35.6.18(1902)
生年:文政9.7.24(1826.8.27)
幕末の長州(萩)藩の志士。名は素行。号は飯山。小助は通称で小介とも称す。長州藩重臣浦靭負の家臣白井弥蔵の子として萩に生まれる。嘉永6(1853)年江戸に行き,佐久間象山らに学ぶ。翌年吉田松陰の下獄に際して金品を贈るが,その金策のために売ったのは父からもらった刀であった。「刀は二本もいらない,鉄砲が一丁あれば十分」と笑ったという。文久3(1863)年奇兵隊の参謀となり,元治1(1864)年,四国艦隊下関砲撃戦に従軍。慶応1(1865)第二奇兵隊を組織して軍監となり,翌年大島口の戦を指揮。明治1(1868)年の戊辰戦争では北越に戦った。凱旋後は仕官せず,熊毛郡平生宇佐木に住んで子弟の教育に当たった。狷介奇行をもって知られた。

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白井小助の関連キーワード堀真五郎池田屋事件宍戸左馬之介入江九一沖剛介滝弥太郎寺島忠三郎堀庄次郎御堀耕助山田宇右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone