コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯山 はんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯山
はんざん

香川県中部,丸亀市東部の旧町域。丸亀平野の東部にあり,土器川下流東岸を占める。 1956年坂本村と法勲寺村が合体して町制。 2005年丸亀市,綾歌町と合体し丸亀市となる。かつては南海道が通る古代文化の一中心地で,条里制の遺構や古墳など遺跡が多い。農業が盛んで,米,果樹などを生産。また,消費地の都市部が近いことから花卉,野菜のビニルハウス栽培も行なわれる。北部に瀬戸内海国立公園に属する飯野山城山がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いいやま〔いひやま〕【飯山】

長野県北東部の市。もと本多氏の城下町。伝統工芸品の仏壇や、スキーの製造が盛ん。また内山和紙が特産。島崎藤村の小説「破戒」の舞台。人口2.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いいやま【飯山】

長野県北東部、千曲川に臨む市。上杉謙信の築城に始まり、江戸中期以降本多氏の城下町。仏壇・和紙・スキーを生産。豪雪地として知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯山
はんざん

香川県中央部、綾歌(あやうた)郡にあった旧町名(飯山町(ちょう))。現在は丸亀(まるがめ)市の中央部東寄りを占める一地区。讃岐(さぬき)平野の一部を占める。旧飯山町は1956年(昭和31)坂本、法勲寺(ほうくんじ)の2村が合併、町制施行して成立。町名は、北端部の讃岐富士ともよばれる飯野山(いいのやま)(422メートル)にちなむ。2005年(平成17)丸亀市に合併。国道438号が通じる。米作のほか、モモ、ブドウ、ミカンなどの果樹栽培が行われる。とくにモモの栽培が盛んで、県下一の産地である。モモの花の咲くころは、飯野山、城山(きやま)の山麓(さんろく)はピンクに彩られる。朝鮮式山城の遺構がある城山は国指定史跡。坂出市の臨海工業地帯のベッドタウンとして人口増加が著しい。それに伴い、大型店舗の出店も相次いでいる。[稲田道彦]
『『飯山町誌』(1988・飯山町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

飯山の関連キーワード北信州観山ユースホステル長野県飯山市斑尾高原長野県飯山市下木島長野県飯山市小佐原長野県飯山市瑞穂豊長野県飯山市東小沼長野県飯山市天神堂長野県飯山市中曽根長野県飯山市野坂田長野県飯山市豊田長野県飯山市小沼長野県飯山市一山長野県飯山市富倉長野県飯山市坂井長野県飯山市照岡長野県飯山市静間斑尾高原スキー場戸狩温泉スキー場長野県飯山市常盤長野県飯山市常郷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯山の関連情報