コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白城 はくじょう

2件 の用語解説(白城の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

白城【はくじょう】

中国東北地区,吉林省北西部の都市。長白(長春〜白城)・白阿(白城〜伊爾施)・平斉(四平〜チチハル)3鉄路の交会点をなし,内モンゴル北部と付近の遊牧・農業地帯の家畜・皮革・羊毛や農産物を集散する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白城
はくじょう / パイチョン

中国、吉林(きつりん)省北西部の市。白城地区級市の中心地で、白城地区級市は通楡(つうゆ)など2県を管轄し、(とうなん)、大安の2市の管轄代行を行う。人口199万1827、市轄区人口47万4028(2000)。市域は、もと札薩克図(ジヤサクト)王旗の広大な牧地で、1902年漢民族に解放されて靖安(せいあん)県となり、14年南県、50年白城県と改称、58年城門外の地区に白城市が設置され、ほかは南県と合併して安県(現南市)となった。長白、平斉、白阿の3鉄道が交わり、電力、機械、セメント、アシを原料とする製紙、アサによる紡績、皮革、陶磁器、酒の醸造などの工業が発達している。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白城の関連キーワード小興安嶺山脈東三省馬賊牡丹江満州嘉峪関吉林徐州長白山トルサット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白城の関連情報