白塗(読み)シロヌリ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐ぬり【白塗(り)】

白く塗ること。また、白く塗ったもの。
役者が顔を白く塗ること。また、そういう化粧をする役柄。「白塗り二枚目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐ぬり【白塗】

〘名〙
① 銀めっきをすること。また、そのもの。
※万葉(8C後)一七・四〇一一「鷹はしも 数多あれども 矢形尾の 吾が大黒に〈大黒者蒼鷹之名也〉 之良奴里(シラヌリ)の 鈴取り附けて」

しろ‐ぬり【白塗】

〘名〙
① 白く塗ること。また、そのもの。
※雑俳・柳多留‐二三(1789)「白ぬりの戸を月見過ぎたてておく」
② 役者が顔を白く塗ること。また、その顔。
※大道無門(1926)〈里見弴〉眸「やや悪党じみた白塗(シロヌ)りで、頬から顎へ、青黛が鮮かだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android