白州梯子・白洲階子(読み)しらすばしご

精選版 日本国語大辞典の解説

しらす‐ばしご【白州梯子・白洲階子】

〘名〙
① 縁先などの小石を敷きつめた所から縁側にかけられた低い梯子。
※歌舞伎・𢅻雑石尊贐(1823)大切「本舞台、三間の間、高足の二重、縁側つき、白洲階子(シラスバシゴ)をかけ」
② 能舞台正面に設けられた三段の梯子。能が徳川幕府の式楽として奉仕していたころ、当日の奉行が舞台に上がって、揚幕に向かって開始を告げたり、時服を役者に与えたりする時の昇降に用いた。現在ではその名残として残されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android