コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚(げ)幕 アゲマク

3件 の用語解説(揚(げ)幕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あげ‐まく【揚(げ)幕】

能舞台で、鏡の間橋懸かりとの境に掛ける幕。
歌舞伎で、花道、時には上手(かみて)・下手(しもて)の出入り口に掛ける幕。紺地に劇場の紋を白抜きにする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

揚幕
あげまく

能、歌舞伎(かぶき)の舞台用語。能舞台では橋懸(はしがか)りと鏡の間の境目に下げた幕のことで「御幕(おまく)」ともいう。唐草緞子(からくさどんす)の白、青、赤、黄、黒の5色を縦に並べた幕で、演者の出入りには、後見(こうけん)2人が、幕の裾(すそ)の両端につけた2本の竿(さお)で鏡の間のほうへ跳ね上げる。歌舞伎の揚幕はその変形で、花道の突き当たり、ときに舞台の下手(しもて)、上手(かみて)にもある幕。紺地に劇場または興行会社の紋を白抜きに染め、左右に開閉する。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の揚(げ)幕の言及

【能舞台】より

…舞台への出入りは橋掛りの突当りの幕口を主とし,ほかにアト座右奥に切戸口(きりどぐち)(臆病口とも)がある。幕口には揚幕(多くは五色の緞子(どんす)などをはぎ合わせて作る)を下げ,その両袖に結び付けた2本の竹で上げ下げする。立方(たちかた)と囃子方はこの幕口を通って舞台に出入りするが,橋掛りは登・退場の通路であると同時に,本舞台と同様の舞台空間,演技の場所でもある。…

※「揚(げ)幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

揚(げ)幕の関連キーワード鏡の間橋懸り一の松後見柱三の松仕手柱二の松幕際懸りの松橋掛り

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone