コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三間 みま

3件 の用語解説(三間の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三間
みま

愛媛県南西部,宇和島市北東部の旧町域。四万十川支流の吉野川上流域にある。 1954年成妙村,三間村,二名村の3村が合体して町制。 2005年宇和島市吉田町,津島町と合体して宇和島市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐ま【三間】

時間・空間・仲間を総称する造語。子供たちが遊ぶ時間や場所が失われ、友達が少なくなったことを「三間がない」という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三間
みま

愛媛県南部、北宇和郡にあった旧町名(三間町(ちょう))。現在は宇和島市の北東部を占める一地域。三間川流域の鬼北(きほく)盆地の北部を占める。旧三間町は、1954年(昭和29)三間、成妙(なるたえ)、二名(ふたな)の3村が合併して成立。2005年(平成17)吉田、津島の2町とともに宇和島市に合併。JR予土(よど)線が通じる。古代は三間郷の範囲で、中世は国衆(くにしゅう)が割拠し、土居垣内(どいかきうち)や兼近(かねちか)などには城跡がある。近世は吉田藩領で、三島社の宮の下に由来する中心集落宮野下(みやのした)は、在町で旧街道のおもかげを残す。盆地は肥沃(ひよく)な水田地帯で三間米として知られ、野菜のほか酪農・養豚なども盛ん。県南部で有数の農業地域となっている。また、宮野下に工業団地がある。宇和島市街地への通勤者も多い。四国八十八か所第41番札所の竜光寺、第42番の仏木(ぶつもく)寺がある。[横山昭市]
『『三間町誌』(1964・三間町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三間の関連キーワード愛媛県宇和島市北新町愛媛県宇和島市御殿町愛媛県宇和島市新町愛媛県宇和島市住吉町愛媛県宇和島市野川愛媛県宇和島市藤江愛媛県宇和島市丸穂愛媛県宇和島市丸之内愛媛県宇和島市蕨愛媛県宇和島市和霊町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三間の関連情報