白木輿(読み)シラキゴシ

大辞林 第三版の解説

しらきごし【白木輿】

親王・摂家・清華せいが・大臣以上の者の乗用とした、白木造りの輿。白輿。
葬送用の白木造りの輿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しらき‐ごし【白木輿】

〘名〙
① 白木で作った輿。古く、親王、摂家、清華、大臣以上などの乗用としたもの。しらこし。しろごし。〔続視聴草(1830)(古事類苑・器用二九)〕
② 葬儀に棺をのせる白木作りの輿。しらこし。しろごし。
雑俳・蝶番(1731)「あの人が今比乗ろとはしら木ごし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる