コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白瀬隊 シラセタイ

デジタル大辞泉の解説

しらせ‐たい【白瀬隊】

白瀬矗(のぶ)を隊長とする、南極点を目指した探検隊。明治43年(1910)11月29日、木造帆船「開南丸」で東京の芝浦を出発。明治45年(1912)1月16日に南極大陸に上陸、同月29日に南緯80度5分、西経156度37分の地点に到達。食糧の不足などから前進は困難と判断、同地を「大和雪原(やまとゆきはら)」と命名して引き返した。同年6月20日、芝浦に帰還。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

白瀬隊の関連キーワードホエールズ湾大和雪原ロス棚氷ロス海白瀬矗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白瀬隊の関連情報