白瀬隊(読み)シラセタイ

デジタル大辞泉の解説

しらせ‐たい【白瀬隊】

白瀬矗(のぶ)を隊長とする、南極点を目指した探検隊。明治43年(1910)11月29日、木造帆船「開南丸」で東京の芝浦を出発。明治45年(1912)1月16日に南極大陸に上陸、同月28日に南緯80度5分、西経156度37分の地点に到達。食糧の不足などから前進は困難と判断、同地を「大和雪原(やまとゆきはら)」と命名して引き返した。同年6月20日、芝浦に帰還。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白瀬隊の関連情報