コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白玉蟾 はくぎょくせんBái Yù chán

世界大百科事典 第2版の解説

はくぎょくせん【白玉蟾 Bái Yù chán】

1134?‐1229?
中国,南宋の道士。別名は葛長庚福建の人。彼はあるいは張伯端(987‐1082)の流れを汲む金丹道(南宗)の大家とされ,また林霊素の系譜に連なる神霄派の道士とされて,宋・元の道教史において重要な地位を占める。若年のころ,福建を出て,竜虎山,武夷山で修業し,また道士陳楠(泥丸)に教えを受けたとされる。その道教思想の中核は,神・精・気の3概念を基底に置く内丹説であるが,同時に,朱子学,禅宗の思想をも取り込んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

白玉蟾の関連キーワード鏡堂覚円

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android