コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白玉蟾 はくぎょくせんBái Yù chán

1件 の用語解説(白玉蟾の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はくぎょくせん【白玉蟾 Bái Yù chán】

1134?‐1229?
中国,南宋の道士。別名は葛長庚。福建の人。彼はあるいは張伯端(987‐1082)の流れを汲む金丹道(南宗)の大家とされ,また林霊素の系譜に連なる神霄派の道士とされて,宋・元の道教史において重要な地位を占める。若年のころ,福建を出て,竜虎山,武夷山で修業し,また道士陳楠(泥丸)に教えを受けたとされる。その道教思想の中核は,神・精・気の3概念を基底に置く内丹説であるが,同時に,朱子学,禅宗の思想をも取り込んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

白玉蟾の関連キーワードラスール朝寛喜エコフィード志布志港打聞集ビクトリア湖東大寺要録院朝応源覚快法親王

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone