コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白玉蟾 はくぎょくせん Bái Yù chán

1件 の用語解説(白玉蟾の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はくぎょくせん【白玉蟾 Bái Yù chán】

1134?‐1229?
中国,南宋の道士。別名は葛長庚。福建の人。彼はあるいは張伯端(987‐1082)の流れを汲む金丹道(南宗)の大家とされ,また林霊素の系譜に連なる神霄派の道士とされて,宋・元の道教史において重要な地位を占める。若年のころ,福建を出て,竜虎山,武夷山で修業し,また道士陳楠(泥丸)に教えを受けたとされる。その道教思想の中核は,神・精・気の3概念を基底に置く内丹説であるが,同時に,朱子学,禅宗の思想をも取り込んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白玉蟾の関連キーワード秦檜道士南人范成大名臣言行録陸游李清照李唐朱陸南宋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone