コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白瓜貝 シロウリガイ

1件 の用語解説(白瓜貝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しろうり‐がい〔‐がひ〕【白×瓜貝】

オトヒメハマグリ科の二枚貝化学合成生物群集を構成する代表的な種の一つ。体内にメタン硫化水素からエネルギー生み出す細菌が共生し、深海底で湧出するメタン硫化水素を含む熱水または冷水に依存する。同種は相模湾に生息。近縁種として日本海溝のナギナタシロウリガイ沖縄本島北部のエンセイシロウリガイなどが知られ、これらも含めてシロウリガイ類と総称することが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白瓜貝の関連キーワードチョウセンハマグリ兄姫朝鮮蛤二枚貝乙姫蝦化学合成生物群集化学合成従属栄養生物化学合成独立栄養生物化学合成無機栄養生物化学合成有機栄養生物

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone