白皮(読み)はくひ

精選版 日本国語大辞典「白皮」の解説

はく‐ひ【白皮】

〘名〙
① 白い
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献薬帳「白皮九斤六両」 〔杜甫‐海椶行〕
② 白い皮膚。〔日葡辞書(1603‐04)〕

しら‐かわ ‥かは【白皮】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「白皮」の解説

しろ‐かわ〔‐かは〕【白皮/白革】

白い皮革。しらかわ。
コウゾの皮を水で漂白し、乾燥させたもの。和紙原料

はく‐ひ【白皮】

白い皮。
白い肌。
「紅粉の翠黛は、只―彩りて」〈浮・男色大鑑・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android