コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石久盛 しらいし ひさもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石久盛 しらいし-ひさもり

?-? 戦国-織豊時代の武将。
下野(しもつけ)(栃木県)足利の岩井山城主。館林城赤井七騎のひとりで,豊前守(ぶぜんのかみ)と称した。天正(てんしょう)13年(1585)主君長尾顕長(あきなが)と北条氏との和議の使者をつとめるが,小田原で人質となり,その身を案じた顕長は館林城を北条氏にあけわたした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android