コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石廉作 しらいし れんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石廉作 しらいし-れんさく

1828-1863 幕末の商人。
文政11年7月20日生まれ。白石正一郎の弟。長門(ながと)(山口県)下関で海運業をいとなみ,鹿児島藩との交易に従事。尊攘(そんじょう)運動家と交流し,兄とともに奇兵隊に入隊。文久3年沢宣嘉(のぶよし)を擁して但馬(たじま)(兵庫県)生野(いくの)で兵をあげるが敗れ,同年10月14日自刃(じじん)した。36歳。長門出身。名は資敏。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

白石廉作 (しらいしれんさく)

生年月日:1828年7月20日
江戸時代末期の志士
1863年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

白石廉作の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android