コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石廉作 しらいし れんさく

1件 の用語解説(白石廉作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石廉作 しらいし-れんさく

1828-1863 幕末の商人。
文政11年7月20日生まれ。白石正一郎の弟。長門(ながと)(山口県)下関で海運業をいとなみ,鹿児島藩との交易に従事。尊攘(そんじょう)運動家と交流し,兄とともに奇兵隊に入隊。文久3年沢宣嘉(のぶよし)を擁して但馬(たじま)(兵庫県)生野(いくの)で兵をあげるが敗れ,同年10月14日自刃(じじん)した。36歳。長門出身。名は資敏。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

白石廉作の関連キーワード古屋重壽酒井梅斎飯田新七(初代)市川復斎佐藤市郎(1)秦将蔵深野孫兵衛福浦元吉星野藤兵衛山崎猟蔵