コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石葭江 しらいし よしえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石葭江 しらいし-よしえ

1873-1904 明治時代の軍人。
明治6年12月20日生まれ。海軍兵学校卒業後,日清(にっしん)戦争,北清事変従軍日露戦争で旅順口閉塞(へいそく)作戦に参加,捕虜となり明治37年末に病死した。海軍少佐。32歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

白石葭江

没年:明治37.5.3(1904)
生年:明治6.12.30(1873)
明治期の海軍軍人。東京生まれ,神官白石豊の養子。日清戦争(1894)の威海衛襲撃に戦功を立て,義和団事件(1900)では「笠置」の陸戦隊を率いて大沽砲台攻略に勇名を馳せる。熱血漢で部下の殴殺事件を起こし重禁固2年の刑を受けたこともあり,日露戦争で最も危険な旅順閉塞作戦(1904)に志願し,第3次作戦で戦死(事実は捕虜のち病死),少佐から中佐への進級はなかった。

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

白石葭江の関連キーワード明治時代軍人没年

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android