コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白露の シラツユノ

デジタル大辞泉の解説

しらつゆ‐の【白露の】

[枕]露が置く意から、また、露が玉をなす意から、「おく」「たま」にかかる。
「―起くとは嘆き寝(ぬ)とはしのばむ」〈古今・恋一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらつゆの【白露の】

( 枕詞 )
白露が置く、白露が消ゆ、白露の玉ということから、「置く」「奥」「消ゆ」「たま」などにかかる。 「つらしとや言ひ果ててまし-人に心はおかじと思ふを/後撰 恋五」 「 -奥にあまたの声すれば/後撰 秋中」 「 -玉江のあしのよひよひに/新勅撰

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白露のの関連キーワード荷葉のしずくつれない苔の衣ずいき湯原王笠女郎物名歌夕影草牽牛子夕陰草ぬがにハギ蟋蟀がに白露かは

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白露のの関連情報