コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百々漢陰 どど かんいん

1件 の用語解説(百々漢陰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百々漢陰 どど-かんいん

1774-1839 江戸時代後期の医師。
安永3年生まれ。百々俊道の弟。父百々俊亮に医学を,皆川淇園(きえん)に儒学をまなぶ。蘭学者辻蘭室の娘と結婚。朝廷の御医だった父の跡をつぐことを命じられたが固辞し,開業医となった。天保(てんぽう)10年4月13日死去。66歳。京都出身。名は俊徳。字(あざな)は克明。通称は内蔵太。別号に冬青,確斎。著作に「医粋約範」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百々漢陰の関連キーワード三角了敬阿部古仙神戸習悦沢田玄良玉川春庵千葉元幹百々俊道奈須恒徳三輪東朔守矢祥庵

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone