百々漢陰(読み)どど かんいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百々漢陰 どど-かんいん

1774-1839 江戸時代後期の医師。
安永3年生まれ。百々俊道の弟。父百々俊亮に医学を,皆川淇園(きえん)に儒学をまなぶ。蘭学者辻蘭室の娘と結婚。朝廷の御医だった父の跡をつぐことを命じられたが固辞し,開業医となった。天保(てんぽう)10年4月13日死去。66歳。京都出身。名は俊徳。字(あざな)は克明。通称は内蔵太。別号冬青,確斎。著作に「医粋約範」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android