コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百井塘雨 ももい とうう

美術人名辞典の解説

百井塘雨

江戸後期の漫遊家。名は左右二、別号五井。京都の豪商万屋某の弟。『笈埃随筆』十二巻がある。寛政6年(1805)歿

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百井塘雨 ももい-とうう

?-1794 江戸時代中期の俳人。
京都の豪商万屋(よろずや)の次男に生まれ,九州から奥羽まで日本中を漫遊。のち兄が病没したため,遺児の後見役として家業にしたがいながら句作する。画家の三熊花顛(みくま-かてん),国学者伴蒿蹊(ばん-こうけい)らと親交があった。寛政6年死去。名は定雄。通称は左右二(そうじ)。別号に五井。著作に「笈埃(きゅうあい)随筆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百井塘雨の関連キーワード塘雨

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android