百和香(読み)ひゃくわこう

精選版 日本国語大辞典「百和香」の解説

ひゃくわ‐こう ‥カウ【百和香】

〘名〙 (「はくわこう」とも) 薫物の名。種々の香料を合わせた練香(ねりこう)。ひゃっかこう。
※古今(905‐914)物名・四六四「百和香 花ごとにあかずちらしし風なればいくそばくわがうしとかは思ふ〈よみ人しらず〉」 〔杜甫‐即事詩〕

はくわ‐こう ‥カウ【百和香】

〘名〙 (「はく」は「百」の漢音) ⇒ひゃくわこう(百和香)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「百和香」の解説

はくわ‐こう〔‐カウ〕【百和香】

《「はくわごう」とも》練り香の一種。陰暦5月5日に百草を合わせて作ったという。ひゃくわこう。

ひゃくわ‐こう〔‐カウ〕【百和香】

はくわこう(百和香)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android