薫物(読み)たきもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薫物
たきもの

をたいてその香烟を衣服,頭髪,部屋などにしみこませること,および種々の香料を合わせてつくった練香そのものをいう。香は初め寺院の仏前を清めるための「供香」として行なわれてきたが,奈良時代末期から平安時代にかけて上流社会で部屋の異臭を消すために実用化され,「空薫物 (そらだきもの) 」として流行をみた。部屋に香の匂いを香らせることを「空薫」といい,衣服に直接香をしみこませるのを「移香 (うつりが) 」というが,その香りのもとには,香木 (沈香丁子,白檀など) を粉末にし,麝香 (じゃこう) などを加えて梅肉や蜂蜜で練り固めたものが用いられた。なお,この香への関心は,やがて「薫物合 (たきものあわせ) 」 (→香合 ) にも発展し,また,それに伴い次々に新しい匂いをつくりだす試みもなされ,梅花荷葉侍従菊花,落葉,黒方などといった薫物銘もできてきた。こうした香遊びのなかから,のちに「組香 (くみこう) 」が行なわれるようになり,ここに香道の基礎がつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たき‐もの【薫物/×炷物】

種々の香を調合して作った練り香。また、それをたくこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たきもの【薫物】

各種の香木や香料を粉末にして甘葛あまづら・蜜・炭の粉などと練り固めた丸薬状の香。加熱して香りを立たせる。合香あわせこう。練香ねりこう
香をたくこと。また、その香り。 「よくたきしめたる-の/枕草子 231

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たき‐もの【薫物】

〘名〙
① 沈(じん)・白檀(びゃくだん)・丁字(ちょうじ)など種々の香(こう)を粉末にして練りあわせて作った練香(ねりこう)。合香(あわせごう)。合薫物(あわせたきもの)
※大和(947‐957頃)一三五「たきもののくゆる心はありしかどひとりはたえてねられざりけり」
② (━する) 着物などにたきしめるために香をたきくゆらすこと。また、着物にたきしめた香。
※枕(10C終)二三一「よくたきしめたるたきものの〈略〉煙の残りたるは」
③ 神仏に供えてたくもの。
旧約全書(1888)以賽亜書「むなしき祭物をふたたび携ふることなかれ燻物(タキモノ)はわがにくむところ」
[語誌]基本的な製法は、粉末にした数種の香を調合したものに、蜜、梅肉、甘葛などを加え、鉄臼(かなうす)で搗いた後、丸く整えて壺に入れ、数日間土中に埋めておくというもの。こうした製法は大陸から伝わったと考えられるが、次第に和風の調合法が発達していった。同じ香銘でも、人や家によって香料の比率や練り方などが異なり、秘法として伝承された。製法に関する書物に「薫集類抄」「むくさのたね」等がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android