薫物(読み)たきもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薫物
たきもの

をたいてその香烟を衣服,頭髪,部屋などにしみこませること,および種々の香料を合わせてつくった練香そのものをいう。香は初め寺院の仏前を清めるための「供香」として行なわれてきたが,奈良時代末期から平安時代にかけて上流社会で部屋の異臭を消すために実用化され,「空薫物 (そらだきもの) 」として流行をみた。部屋に香の匂いを香らせることを「空」といい,衣服に直接香をしみこませるのを「移香 (うつりが) 」というが,その香りのもとには,香木 (沈香丁子,白檀など) を粉末にし,麝香 (じゃこう) などを加えて梅肉や蜂蜜で練り固めたものが用いられた。なお,この香への関心は,やがて「薫物合 (たきものあわせ) 」 (→香合 ) にも発展し,また,それに伴い次々に新しい匂いをつくりだす試みもなされ,梅花荷葉侍従菊花落葉黒方などといった薫物銘もできてきた。こうした香遊びのなかから,のちに「組香 (くみこう) 」が行なわれるようになり,ここに香道の基礎がつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たき‐もの【薫物/×炷物】

種々の香を調合して作った練り香。また、それをたくこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たきもの【薫物】

各種の香木や香料を粉末にして甘葛あまづら・蜜・炭の粉などと練り固めた丸薬状の香。加熱して香りを立たせる。合香あわせこう。練香ねりこう
香をたくこと。また、その香り。 「よくたきしめたる-の/枕草子 231

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薫物の関連情報