コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薫物 たきもの

3件 の用語解説(薫物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薫物
たきもの

をたいてその香烟を衣服,頭髪,部屋などにしみこませること,および種々の香料を合わせてつくった練香そのものをいう。香は初め寺院の仏前を清めるための「供香」として行なわれてきたが,奈良時代末期から平安時代にかけて上流社会で部屋の異臭を消すために実用化され,「空薫物 (そらだきもの) 」として流行をみた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たきもの【薫物】

各種の香木や香料を粉末にして甘葛あまづら・蜜・炭の粉などと練り固めた丸薬状の香。加熱して香りを立たせる。合香あわせこう。練香ねりこう
香をたくこと。また、その香り。 「よくたきしめたる-の/枕草子 231

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薫物の関連情報