百草(読み)ヒャクソウ

デジタル大辞泉の解説

ひゃく‐そう〔‐サウ〕【百草】

いろいろの草。千草。ももくさ。
黄柏(おうばく)のほか数種の生薬の水浸エキスで製した胃腸薬信州御岳山のものが有名。御百草(おひゃくそう)。

もも‐くさ【百草】

多くの草。いろいろの草。千草(ちぐさ)。
「―の花のひもとく秋の野を」〈古今秋上

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃくそう【百草】

いろいろの草。多くの草。
100種の草から製したという胃腸薬。長野県の御岳山のものが有名。
[句項目] 百草を闘わす

ももくさ【百草】

いろいろの草。たくさんの草。千草ちぐさ。 「 -の花のひもとく秋の野に/古今 秋上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

百草 (モモグサ)

植物。マツ科マツ属の常緑高木の総称。マツの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひゃく‐そう ‥サウ【百草】

〘名〙
① いろいろの草。多くの草。ももくさ。千草。
※江吏部集(1010‐11頃)下・菊花未開「百草霑恩心竊侍」 〔荘子‐庚桑楚〕
② 百種の薬草を煮つめ練って作った胃腸の薬。信濃(長野県)の御嶽山のものが有名。百草霜(ひゃくそうそう)
※御湯殿上日記‐長享三年(1489)五月五日「けさ百さうの草ともとらせらるる」 〔本草綱目‐草部・雑草〕

もも‐くさ【百草】

〘名〙
① 種々の草。たくさんの草。千草(ちぐさ)
※古今(905‐914)秋上・二四六「ももくさの花のひもとく秋の野に思ひたはれむ人なとがめそ〈よみ人しらず〉」
※幸若・いるか(寛永版)(室町末‐近世初)「夫婦ともにももくさをとる手に付て」
② 一〇〇種の薬草を煮つめて練った胃腸薬。ひゃくそう。
※俳諧・犬子集(1633)一七「白き物こそ黒くなりけれ 百草を入るやうすき帋袋〈貞徳〉」
③ (「ももぐさ」とも) 植物「まつ(松)」の異名。〔藻塩草(1513頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百草の関連情報