コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百歩蛇 ヒャッポダ

デジタル大辞泉の解説

ひゃっぽ‐だ〔ヒヤクポ‐〕【百歩蛇】

クサリヘビ科の毒蛇。全長約1メートル。体は太く、灰褐色の地に暗褐色の三角形の斑紋が並ぶ。吻(ふん)端はとがり、上を向く。台湾・中国南部などに分布。長大な毒牙をもち、かまれると百歩行かないうちに死ぬといわれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃっぽだ【百歩蛇】

ヘビの一種。全長1.5メートルに達する。胴は太く、頭部は三角状で吻端ふんたんが長く突出する。卵生。巨大な毒牙をもち、かまれると一〇〇歩行かないうちに死ぬというところからこの名がある。中国南部・海南島・台湾の山地に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報