コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済王俊哲 くだらのこにきし・しゅんてつ

朝日日本歴史人物事典の解説

百済王俊哲

没年:延暦14.8.7(795.9.24)
生年:生年不詳
8世紀後半の武官宝亀6(775)年従六位上で陸奥にあり,夷俘の乱を制した功で勲6等を受け,9年も出羽鎮定の功により勲5等を得た。伊治呰麻呂の乱(780)に際して陸奥鎮守副将軍となった。同年蝦夷に囲まれて刀も矢も尽きたところ,神力によって救われたという。天応1(781)年征夷の労により正五位上勲4等。延暦6(787)年には事に座して陸奥鎮守将軍から日向権介に左遷された。9年罪を免じられて入京し,10年東海道の征夷の軍士を簡閲したのち,下野守に任じた。同年さらに征夷副使となり,再び兼陸奥鎮守将軍となったが,14年没した。時に従四位下勲3等。娘貴命は嵯峨天皇女御となり忠良親王を生んだ。

(佐藤信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

百済王俊哲の関連キーワード百済貴命没年

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android