皆川月華(読み)みながわ げっか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皆川月華 みながわ-げっか

1892-1987 昭和時代の染色家。
明治25年6月4日生まれ。安田翠仙(すいせん)に友禅の染色,都路華香(つじ-かこう)に日本画をまなぶ。昭和2年帝展初入選,7年特選。36年「濤」で芸術院賞。友禅に絵画的手法を応用した染彩で知られる染色工芸の草分け。58年京都府文化特別功労者。昭和62年5月11日死去。94歳。京都出身。本名は秀一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android