コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇帝ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠

1件 の用語解説(皇帝ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

皇帝ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠

フランスの画家ジャック・ルイ・ダヴィッドの絵画(1805-07)。原題《Couronnement de l'Empereur et de l'impératrice》。1804年12月2日、パリのノートルダム大聖堂で行われたナポレオン自身の戴冠式を、ダヴィッドに依頼して描かせたもの。フランス新古典主義様式の傑作として知られる。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇帝ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠の関連キーワードダビットオビッドジャッククール宮殿グランド・ジャット島の日曜日の午後ダヴィッド同盟舞曲集ぶらんこの絶好のチャンスホラティウス兄弟の誓いマラーの死ヴィ・ド・フランスデッドジャックダビットオビッドジャッククール宮殿皇帝ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠ダヴィッド同盟舞曲集ぶらんこの絶好のチャンスホラティウス兄弟の誓いマラーの死ヴィ・ド・フランスデッドジャック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone