コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロンソン Bronson, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロンソン
Bronson, Charles

[生]1922.11.3. ペンシルバニア,アーレンフェルド
[没]2003.8.30. カリフォルニア,ロサンゼルス
アメリカ合衆国の映画・テレビ俳優。本名 Charles Buchinsky。いかつい顔をした男くさい俳優として知られ,数々の作品でタフガイを演じた。リトアニア系移民の炭鉱労働者を父親にもつ 15人兄弟の一人として生まれ,16歳で炭鉱で働き始めた。第2次世界大戦後に職を転々としたのち,舞台の背景を描く裏方としてフィラデルフィアの劇団に雇われた。これを機に端役で舞台出演するようになり,1949年カリフォルニアへ移り住んだ。"You're in the Navy Now"(1951)で映画デビュー。『機関銃マシンガンケリー 』Machine Gun Kelly(1958)などの B級映画で主人公のタフガイを演じるようになり,『荒野の七人』The Magnificent Seven(1960)や『大脱走』The Great Escape(1963)では深みのある演技も披露した。その後はヨーロッパで制作されたギャング映画や西部劇に次々と出演し,フランスでは "le sacre monstre"(怪人),イタリアでは "Il Brutto"(ぶ男)の愛称で親しまれた。ハリウッドに戻って出演した『狼よさらば』Death Wish(1974)は最高傑作の一つに数えられる。晩年はアクションスリラー映画を中心に活躍し,1990年代後半まで映画とテレビに出演を続けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブロンソン

アメリカの映画俳優。ペンシルベニア州生れ。1951年に映画デビュー。初めは脇役・悪役だったが,1958年に《機関銃(マシンガン)ケリー》で主役を演じた。その後,《荒野の七人》《大脱走》《さらば友よ》《雨の訪問者》《バラキ》《狼よさらば》などの作品に出演し,野性味のある男臭さを発揮する役柄でスターとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブロンソンの関連キーワードアムネスティ・インターナショナルカメラマン・コバックパラマウントスタジオジル アイアランドセント・アイブスボブ・マーリィ11月29日オールコットイギリス映画空飛ぶ戦闘艦11月3日特攻大作戦ウエスタンピーボディ軍用列車大塚周夫いそしぎ三船敏郎若草物語ドロン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブロンソンの関連情報