カンバス

精選版 日本国語大辞典「カンバス」の解説

カンバス

〘名〙 (canvas) もめん、麻などの太めの糸で織った、あらい布。キャンバス
(イ) 油絵をかくのに用いるもの。F(人物)型、P(風景)型、M(海景)型の三種がある。麻布画布
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六「油画を作ることを学ばんと欲して、カンバス(画に用ゆる布)を買ひ」
(ロ) 船の帆にしたり、重い物を入れる袋などに用いたりするもの。帆布
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉四「マストのカンバス(帆布)は、ハッチの上部カバーであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カンバス」の解説

カンバス
canvas

画布。油彩画の支持材として用いられる。標準的なカンバスは,粗織 (あらおり) の麻布を用い,その上に膠水を引き,またはさらにその上に白亜をリンシード,ポピーで溶いたものを塗る。吸収のよい速乾性のものとしては白亜を塗ったアブソルバンがある。まれに木綿のカンバスも使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「カンバス」の解説

カンバス(canvas)

麻などで目を粗く織った布。ズック。キャンバス。
油絵用の画布。麻などの布地に油その他を塗ったもの。キャンバス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android