カンバス(英語表記)canvas

翻訳|canvas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

画布。油彩画の支持材として用いられる。標準的なカンバスは,粗織 (あらおり) の麻布を用い,その上に膠水を引き,またはさらにその上に白亜をリンシード,ポピーで溶いたものを塗る。吸収のよい速乾性のものとしては白亜を塗ったアブソルバンがある。まれに木綿のカンバスも使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (canvas) もめん、麻などの太めの糸で織った、あらい布。キャンバス。
(イ) 油絵をかくのに用いるもの。F(人物)型、P(風景)型、M(海景)型の三種がある。麻布。画布。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六「油画を作ることを学ばんと欲して、カンバス(画に用ゆる布)を買ひ」
(ロ) 船の帆にしたり、重い物を入れる袋などに用いたりするもの。帆布。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉四「マストのカンバス(帆布)は、ハッチの上部カバーであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンバスの関連情報