皇御孫・皇孫(読み)すめみま

精選版 日本国語大辞典「皇御孫・皇孫」の解説

すめ‐みま【皇御孫・皇孫】

〘名〙
① 天照大神(あまてらすおおみかみ)の御孫(みま)。特に、天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほににぎのみこと)をさす。すめみまご。すめらみまご。
※書紀(720)神代下(兼夏本訓)「高皇産霊尊、皇孫(スメミマ)を降(くた)しまつりて此の地(くに)に君臨(きみと)したまはむと欲(す)
② 天照大神の子孫である、歴代の天皇。また、天皇の孫。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

すめ‐みまご【皇御孫・皇孫】

※書紀(720)神代下(丹鶴本訓)「高皇産霊尊、皇孫(スメミマコ)を降しまつりて、此(こ)の地(くに)に君(きみ)としまさむと欲(をほ)す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android