コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚サルコイドーシス ひふさるこいどーしす Sarcoidosis

1件 の用語解説(皮膚サルコイドーシスの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひふさるこいどーしす【皮膚サルコイドーシス Sarcoidosis】

[どんな病気か]
 皮膚のほか、肺、目、骨など全身に特有の肉芽腫(にくげしゅ)ができる病気です。皮膚にできるものは、小さなぶつぶつもあれば大きなかたまりもあります。肺では、両側の肺門(はいもん)リンパ節が腫(は)れ、空(から)せきが出ます。目では、ブドウ膜炎や虹彩炎(こうさいえん)をおこし、視力障害をおこします。
[検査と診断]
 原因不明です。診断のために皮膚の一部を切り取り病理組織検査をします。肺は胸部X線、目は検眼でわかります。
[治療]
 あまり必要ありませんが、肺線維症(はいせんいしょう)や視力障害がある場合は副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを内服します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

皮膚サルコイドーシスの関連キーワード温覚皮膚科痛点何心地不死身プリマドンナ溶連菌感染症じん麻疹遅延性皮膚過敏症皮膚炎 (dermatitis)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone