コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚サルコイドーシス ひふさるこいどーしすSarcoidosis

家庭医学館の解説

ひふさるこいどーしす【皮膚サルコイドーシス Sarcoidosis】

[どんな病気か]
 皮膚のほか、肺、目、骨など全身に特有の肉芽腫(にくげしゅ)ができる病気です。皮膚にできるものは、小さなぶつぶつもあれば大きなかたまりもあります。肺では、両側の肺門(はいもん)リンパ節が腫(は)れ、空(から)せきが出ます。目では、ブドウ膜炎虹彩炎(こうさいえん)をおこし、視力障害をおこします。
[検査と診断]
 原因不明です。診断のために皮膚の一部を切り取り、病理組織検査をします。肺は胸部X線、目は検眼でわかります。
[治療]
 あまり必要ありませんが、肺線維症(はいせんいしょう)や視力障害がある場合は副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを内服します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

皮膚サルコイドーシスの関連キーワードサルコイドーシス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android