コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虹彩炎 こうさいえんiritis

翻訳|iritis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虹彩炎
こうさいえん
iritis

虹彩炎症。単独で起るよりも,隣接組織である毛様体の炎症を伴うことが多い。涙の量がふえたり充血したり,眼にごみが入ったような感じ (異物感) が続いて気がつくことが多い。眼科的には,虹彩の充血のほか,前眼房水の濁り,角膜周囲の毛様体充血,瞳孔の左右ふぞろいなどの異常が起る。外傷の後遺症として起るほか,結核,梅毒などの全身病やアレルギーに起因することがある。原因不明のものも多い。原因療法のほか,アトロピン点眼を行い,原因によっては,副腎皮質ホルモン剤の点眼あるいは内服を行う。虹彩の循環を促進し,吸収を促す目的で温罨法を用いることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうさい‐えん【虹彩炎】

虹彩の炎症。目がかすんだり、白目が充血して痛んだり、涙が多く出たり、光をまぶしく感じたりする症状がみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

虹彩炎【こうさいえん】

毛様体炎と合併することが多く,その場合は虹彩毛様体炎と呼ばれる。流涙,まぶしさ,痛み,異物感などがあり,毛様充血,前眼房・硝子体混濁,瞳孔(どうこう)縮小などの症状を呈し,視力障害をきたす。
→関連項目アトロピン白内障

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虹彩炎
こうさいえん

虹彩の炎症で、軽い視力の低下、羞明(しゅうめい)(まぶしさ)、流涙、充血、疼痛(とうつう)などを訴え、他覚的には角膜周囲充血、縮瞳(しゅくどう)、房水(ぼうすい)の混濁、角膜後面沈着物などを認める。強い炎症では虹彩が水晶体に癒着して、虹彩後(こう)癒着となる。種々の内因や外因によっておこるが、詳細は「虹彩毛様体炎」の項を参照されたい。原因療法のほか、癒着を予防し、虹彩の安静を保つために散瞳薬を点眼し、消炎にはステロイド剤を点眼する。点眼回数は炎症の程度、性質によって適宜加減する。また遮光眼鏡を用いる。[小暮美津子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の虹彩炎の言及

【ぶどう膜(葡萄膜)】より


[ぶどう膜の病気]
 ぶどう膜は炎症を起こしやすい組織である。ぶどう膜炎uveitisは,炎症の中心あるいは強い部位に従って,脈絡膜炎choroiditis,虹彩炎iritis,毛様体炎cyclitisなどに分けられる。また炎症の過程により,外因性のものと内因性のものとに分けられる。…

※「虹彩炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

虹彩炎の関連キーワード輸入感染症と皮膚の病変虹彩炎/虹彩毛様体炎ぶどう膜の病気の原因皮膚サルコイドーシス若年性関節リウマチサルコイドーシスベーチェット病目の主要な症状ビタミンB2角膜ヘルペス細隙灯顕微鏡ぶどう膜炎グレーフェクローン病目(め)ヘビ咬傷森 赫子枯草菌強膜炎膠原病

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android