コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚瘙痒症 ひふそうようしょうpruritus cutaneus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皮膚瘙痒症
ひふそうようしょう
pruritus cutaneus

皮膚のかゆみがあるだけで,発疹はまったくない状態をいう。全身性と限局性に分けられる。前者の原因として糖尿病,閉塞性胆道疾患,甲状腺機能障害,多血症悪性腫瘍,妊娠,痛風,尿崩症,寄生虫症,慢性薬物中毒,精神的要因などがあげられる。後者は,きわめて軽い接触性皮膚炎などにより頭部に生じたり,カンジダ症トリコモナス症,便秘,下痢,その他接触性要因により外陰部や肛門周囲などに生じることが多い。全身性皮膚 瘙痒症と鑑別すべきものに乾皮症性皮膚 瘙痒症がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひふ‐そうようしょう〔‐サウヤウシヤウ〕【皮膚××痒症】

皮膚に病変がないのにかゆくなる状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひふそうようしょう【皮膚瘙痒症 pruritus cutaneus】

皮膚にかゆみがあるが,そのかゆみの原因となるべき皮膚の病変のないものをいう。全身の皮膚がかゆい場合と,外陰部や肛門など限局した範囲だけがかゆい場合とがある。限局性の場合は,尿道炎前立腺肥大症腟炎,痔,脱肛,ギョウチュウ症など,骨盤内の臓器に病気があって生じることが多い。全身の皮膚がかゆくなる原因にはさまざまのものがある。内臓疾患のある場合(糖尿病,肝臓障害,腎炎,甲状腺機能異常),悪性腫瘍(悪性リンパ腫,内臓の癌),妊娠中毒症,更年期障害ノイローゼ,薬物中毒(麻薬,覚醒剤)などがその例である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひふそうようしょう【皮膚瘙痒症】

かゆみを主症状とするが、皮疹のみられない慢性皮膚病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の皮膚瘙痒症の言及

【痒み】より

…この薬にはタンパク質分解酵素の一つであるムカナインが含まれていて,痒点を刺激するためである。かゆくなる皮膚の病気には皮膚瘙痒症のほかに,以下のようなものがある。疥癬(かいせん)も激しいかゆみをおこすが,このかゆみは夜とくに強くなって安眠を妨げる。…

※「皮膚瘙痒症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皮膚瘙痒症の関連キーワード皮膚の変化をもたらす病気(デルマドローム)老化にともなう皮膚の病気と症状皮膚のしくみとはたらき外陰瘙痒症皮疹